お問い合わせはこちら

セキュリティ対策

ウィルスに感染する前に出来ること…

コンピュータウィルスとは

障害を起こす様に意図的に作成されたプログラムのことです。
伝染・潜伏・発病などの悪質な動作が生物ウィルスに似ていることから、「コンピュータウィルス」と呼ばれる様になりました。


ウィルスに感染しないためには

セキュリティ対策
ウィルス対策ソフトの導入
ウィルス予防の第一歩として、すべてのサーバー/クライアントPCにウィルス対策ソフトをインストールし、運用・管理をします。
セキュリティパッチの適用
セキュリティパッチとは、多くのウィルスに狙われるセキュリティホール(バグ)を防ぐツールのことで、セキュリティパッチを適用することにより、未然にウィルス感染を防ぎます。
その他対策
・プロバイダでのウィルスチェックを実施
 ・不審なメール添付ファイルは開かない
 ・危険なサイトへは立ち寄らない … 等

当社では、

ウィルス対策ソフト

による、環境設計・環境構築サービスを、最適な構成でご提案しております。

セキュリティ対策
セキュリティ対策
下記、2通りの更新方法で構成が可能です。

  ■ スケジュール設定(最短1日1回)による自動更新
  ■ 配布サーバーの定義ファイル更新後、直ぐに更新

 効果: 人的ミスの撲滅・長期休日時のアップデータにも対応可能
セキュリティ対策
 効果: 個人情報の漏洩・顧客情報の流出を防ぐ企業保護を実現
セキュリティ対策
 効果: 通常の「使わない出口は閉じておく」といった使い方に加えネットワークウィルスの検索と駆除・不正侵入の検知
ウィルスコードやPRCのセキュリティホールを狙った不正なコードを見分け、不正な通信を遮断
データ通信のストリームを監視する機能も搭載

現状調査の実施後、最適なウィルス対策構築をご提案致します