web

webの不正ログインや改ざん、データ改ざん、漏えいの緊急対応

webサイトトラブル緊急対応
  • 会社ホームページが改変された?
  • 会社サイト、ECサイトにウィルスがしこまれた?
  • webシステムのデータが改ざんされた?
  • 会社情報、顧客情報が漏えいした?
  • WEBシステムの動作が遅くなった?
  • なりすましで不正ログインされた?
  • その他...

WEBサイトに突然トラブルが発生したら、すぐご連絡ください。

お急ぎの場合、直接電話でご連絡ください。
045-323-3030(受付時間 9:30 - 18:00)
*1訪問につき5万円/出張旅費がかかる場合があります

緊急トラブル対応を依頼

■「WEBサイト改ざん」の危険性

情報漏えい、標的型攻撃、ネットバンキング不正送金といったトラブルが多発しています。これらの事件の原因の多くが「Webサイト改ざん」です。

  • インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用
  • 標的型攻撃による情報流出
  • ウェブサービスからの個人情報の窃取
  • サービス妨害攻撃によるサービスの停止
  • ウェブサービスへの不正ログイン

このように、改ざんされた企業が被害に遭うだけでなく、利用者に被害を拡散する加害者になってしまうため、大きな問題に発展します。

■企業のセキュリティ対策の基本として、Webサイト改ざん対策は欠かせない

改ざんの検知

自分のホームページが改ざんされていないかをチェックすることが大切です。 知らないうちに、「接続しただけでウイルスに感染させる危険なホームページに改ざん」されている場合もあります。 下記方法でチェックして下さい。
1)Google検索で改ざんの有無を確認
2)Firefoxでアクセスして改ざんの有無を確認
3)不審なファイルやディレクトリ(フォルダ)の確認、ファイル更新日の確認

WEBサイトの脆弱性対策

WEBサイト改ざんの進入パターンの一つに、「Webサイトのソフトウェアの脆弱性、Webアプリの穴を攻撃する」があります。 OS、ミドルウェア、Webアプリケーションソフトなどの脆弱性への対策を強化すること。 またWebサイト用に独自に作成したアプリケーションの脆弱性対策も重要です。

管理者アカウント、管理者パソコンの安全対策

管理者アカウントはパスワードを十分な長さにして複雑にすること。 更新を実施する人だけがパスワードを管理し、必要以上に他の人に教えないことが大切です。 またサーバーに接続するIPアドレスを限定し、外部からのアクセスができないようにする方法も有効です。

WEBトラブルは時間が経てば経つほど「悪化」します。
自社の被害だけでなく、顧客の被害を防ぐためにも、素早く対策しましょう。

■万が一トラブルが発生したら、適切かつ迅速な対応で被害を最小限に

安心の実績

多くの公的機関、企業を対応した経験豊富な専門家がお伺いします

* 公的機関
* ECサイト経営者
* 大学、専門学校

納得の価格

1訪問 5万円(税別)

* 回避、解決できない場合、
  払い戻します
* 訪問エリアにより出張旅費
  (実費)がかかります

再発防止のご相談

問題回避、解決後に再発防止のご相談を受け付けます

* システムの運用方法
* サーバログの確認方法

対応構成

使用言語:
 HTML、PHP、JavaScript
使用DB:
 PostgreSQL、MySQL

多種な対応方法

電話やメール等、遠隔からの対応も可能です。

*お客様の要望に合わせ対応します。ご相談ください。


自社サイトがトラブル、被害に遭った、もしくはその可能性がある場合、ご連絡ください。
緊急対策を取り、サイトの問題や不安を解決します。

問い合わせする